参考文献

重要文化財 毎日新聞社 昭60年 日本の金工 東京国立博物館 昭58年
新指定重要文化財 毎日新聞社 昭55年 仏像の来た道 NHKブックス 昭60年
千葉県の文化財 千葉県教育委員会 昭55年 道の文化 講談社 昭54年
館山市の文化財 館山市 〃 昭59年 日本古彫刻史論 講談社 昭50年
三芳村の文化財 三芳村 〃 昭56年 近代美術とその思想 理論社 昭41年
鴨川市の文化財 鴨川市 〃 昭51年 三浦古文化 第32号 昭57年
初期水墨画「日本の美術69」 至文堂 昭47年 三芳村史編纂資料Ⅱ 三芳村 昭56年
密教画「日本の美術43」 〃 昭44年 陶芸「日本の美術27」 小学館 昭46年
仏像のみかた 第一法規 昭54年 日本仏教美術の源流Ⅱ 奈良国立博物館 昭59年
新潮世界美術辞典 新潮社 昭60年 日本美術辞典 東京堂出版 昭54年
中世下野の仏教美術 栃木県立博物館 昭60年 改訂増補「日本史辞典」 京都大学国史研 昭34年
鎌倉の水墨画 神奈川県立博物館 昭47年 密教辞典 法蔵館 昭54年
関東の中国陶磁 群馬県立博物館 昭57年 仏像事典 東京堂出版 昭56年
茶の美術 東京国立博物館 昭55年 平安・鎌倉の金銅仏 奈良国立博物館 昭51年

展示資料目録

No 種別 指定 品    名 員数 年代 所 有 者
1 工芸 綴織三十三観音画像 1幅 鴨川市心厳寺
2 絵画 絹本着色両界曼荼羅 対幅 室町 〃 成就院
3 絹本墨画淡彩不動明王 1幅 南北朝 〃 〃
〃 矜羯羅童子 1幅 〃 〃
4 村指 紙本墨画渡唐天神 1幅 室町 三芳村宝珠院
5 市指 絹本金銀泥清海曼荼羅 1幅 江戸 鴨川市心厳寺
6 彫刻 銅造阿弥陀三尊像 3軀 鎌倉 山武町金剛勝寺
7 〃 観音・勢至菩薩像 2軀 鎌倉 館山市三善寺
8 絵画 絹本墨画淡彩山水図 1幅 江戸 三芳村宝珠院
9 工芸 白磁四耳壺(館山出土) 2口 宋~元 東京国立博物館
10 彫刻 銅造兜跋毘沙門天像 1軀 鎌倉 白浜町下立松原神社
11 〃 十一面観音立像 1軀 〃 〃
12 工芸 三彩宝珠鈕蓋(鴨川出土) 1口 奈良 国立歴史民俗博物館
13 県指 五鈷鈴・五鈷杵 2口 高麗 館山市小網寺
14 彫刻 銅造観音菩薩立像 1軀 〃 石井利昌保管
15 典籍 貝多羅葉経 30枚 三芳村智蔵寺
16 市指 十二因縁論 1巻 奈良 館山市大巌院
17 工芸 県指 絹本繍字法華経普門品 1巻 〃 那古寺
〃 陀羅尼品 1巻 三芳村宝珠院

 17 法華経普門品・陀羅尼品 2巻

 正式には妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五と妙法蓮華経陀羅尼品第二十六で、奥書からこれらが中国元時代至正21年(1361)に平江州、現在の江蘇省呉県でつくられたことがわかります。

 巻子本に仕立てられており、両方とも見返しに普賢菩薩に向かって教を説いている釈迦と、その両脇侍が美しい彩色で描かれ、その次に本文の経文の部分があり、巻末に千手観音菩薩がやはり、彩色で描かれ、奥書きがついています。本文の経文は白い絹布に藍色の絹糸を使って一字一字繍文され、「佛」の文字は金糸が使われています。

 奥書きには姚子の二人の娘が中心となり、人々から浄財を募り絹布を求め、張氏や唐氏などの女達と力を合わせて、この経文を繍字したことが書かれています。またこれが、元禄15年(1702)に京都智積院の宥鑁僧正によって、那古寺と宝珠院に寄納されたことが書かれています。

 日元交通は、足利直義が無窓疎石の請により天龍寺船を派遣するほか、私船の交通もあり、入元僧・帰化僧も多く、後の北山文化の基盤をなしましたがこの経典の渡来もこのころか、また次代の日明貿易でもたらされたものと考えられます。

法華経普門品

法華経普門品
絹本繍字 (386)
元時代(1361年)
館山市・那古寺

法華経陀羅尼品

法華経陀羅尼品
絹本繍字(300)
元時代(1361年)
三芳村・宝珠院

 16 十二因縁論 1巻

 この経文は、奈良時代に一切経のうちの一巻として、南都のいずれかの寺院(「伝法塔印」の印が裏面にある)で書写されたものと考えられます。

 黄麻紙に墨界を引き、一行十七字あてで書写され本文は首尾完備していますが、奥書きはありません。

 一切経の書写は官営写経所を中心に、一セット五千巻として20種類は書写されたろうとされ、少なくとも10万巻はつくられたものと推定されています。こうした盛んな写経事業は、官営の造東大寺司を組織して、国銅を尽くして大仏を鋳造した奈良朝の仏教に対する湧き立つような情熱を反映しているものと考えられますし、難解なこの十二因縁論のような経典を受け入れようとした質の高い天平文化を再認識させられます。

 この大厳院の経文には、奥付けに養鸕徹定の注釈があり「伝法塔印」を西大寺の法塔院と解釈しています。徹定(1814年~1891年)は明治時代前期の浄土宗の僧で、明治18年には浄土宗管長になっています。仏教考証史家として古籍を探索し、多くの著書を残し上代の仏典を収集しました。

 なお漢訳の一切経(大蔵経)はインドの原典(サンスクリット語や俗語で書かれたもの)から翻訳されたもので、仏典の漢訳は後漢時代に始まり、元代まで千余年間行われたとされます。

十二因縁論
十二因縁論

十二因縁論
紙本墨書 (220)
奈良時代
館山市・大厳院

 15 貝多羅葉経 30枚

 棕櫚(しゅろ)の葉に似た貝多羅(ばいたら)樹葉(Tala-Pattra)30枚に書かれたパーリ語(仏陀が使用した言語に近い)の経文です。

 貝多羅葉は、葉を乾かして葉面に掻き傷をつけると黒褐色に変わる性質があり、これを利用して、古代インドでは、経文の書写に使われました。

 智蔵寺の貝多羅葉経は、古くから寺にあったとされますが、伝来の詳しい経過は不明です。

 全部で30葉あり、各葉を重ねる順の混乱を防ぐため、全部を重ねた縁(へり)に朱彩の線を、それ以外の縁には金泥を施こしています。

 仏典は、釈迦(B.C.5世紀)の教説を記録したものですが、釈迦当時はもっぱら口唱で記録し、仏典はありませんでした。それが文字で記録されるようになるのは西暦紀元前後頃からと考えられています。大乗仏教の諸経典には、仏典の受持・読誦・供養とともに書写の功徳が説かれていますが、インドではかなり後代まで紙が普及しなかったので、写経はこの貝多羅樹の葉を使っておこなわれました。貝葉経はわが国に奈良・平安時代に中国より請来されたものが何点か伝わっています。

貝多羅葉経 貝葉
貝多羅葉経 貝葉 (縦4.6 横55)   三芳村・智蔵寺