8 信仰をめぐる房州と江戸

 房州の寺社には江戸や東京の人々による奉納物(ほうのうぶつ)が多くあり、物資流通などを通じて両地域の人々が交流していたことを示しています。また、寺社は多くの旅人が訪れる名所でもあり、那古寺(館山市)では江戸での出開帳(でがいちょう)も行っています。

 それだけでなく、房州の寺社では江戸の職人に建物や彫刻の制作を発注しています。館山市大井の手力雄(たぢからお)神社では、元禄の大地震によって大破した本殿を宝永6年(1709)に再建していますが、この彫刻は江戸の高松又八が行いました。高松又八は、江戸の彫工・嶋村家の元祖である俊元の弟子で、4代将軍家綱や5代将軍綱吉の霊廟(れいびょう)の彫刻も担当した人物です。さらに、又八の弟子の植村弥五左衛門が制作した獅子と獏(ばく)の彫刻が、鴨川市の寺院に伝わっています。彫刻だけではなく、南房総市久保の真野寺では、宝暦6年(1756)に再建した観音堂の大工棟梁(とうりょう)を江戸京橋新肴町の2名が務めています。

 房州の寺社における江戸職人の活動は、最先端の作品をもたらしただけでなく、技術を伝える機会にもなりました。上に紹介した真野寺の再建では、江戸大工棟梁の門弟として真野寺周辺の宮下村や珠師ヶ谷(しゅしがやつ)村の大工が参加しています。また、近年人気を集めている後藤義光も、鴨川市の寺社建築に関わっていた江戸の彫工・後藤恒俊と出会ったのを契機として入門したと言われています。

那古寺観音堂に掲げられている扁額「円通閣」

那古寺観音堂に掲げられている扁額「円通閣」
文政2年(1819)の江戸出開帳に際して、江戸商人が奉納した。

江戸彫工に入門した後藤義光
83.後藤義光作「天照大神像」「伊弉諾尊像」
明治29年(1896) 当館蔵

83.後藤義光作「天照大神像」「伊弉諾尊像」</br> 明治29年(1896年) 当館蔵

7 移り住む人々

 房州と江戸・東京間における人の移動は、旅や遊学など一時的なものだけではありません。出稼ぎや奉公、結婚などによって移り住む人々もいました。

 房州に限らず、江戸には諸国から多くの人々が集まりました。特に江戸時代中期以降は、農村でも農業離れや消費の活発化が進み、都市部での豊かな暮らしを求めた人口流出がおこります。江戸への人口流入の拡大は、貧困や治安などさまざまな都市問題を増加させるだけでなく、幕府財政の基盤である農業生産量の減少をもたらすものでした。幕府老中の水野忠邦が主導した天保の改革では、この状況に対応するため「人返しの法」を発令し、江戸に住む地方出身者を帰国させようとしました。安房郡八幡村(館山市)の文書によれば、人返しの法が出された時点で同村から江戸に移り住んでいた人は少なくとも17人確認できます。江戸に出た理由は結婚や奉公が多く、その他材木商売や船宿を開業した人物もいました。

 江戸・東京から房州に移住した人々もいました。特に明治以降、東京からほど近い避暑避寒の地として注目されると、官僚や政治家、財界人などが引退後の生活や余暇を穏やかに過ごす場所として選ぶようになります。また、海に囲まれた景勝地であることから、俳人や画家などの芸術家にも好まれました。

66.ふさ江戸居住につき国元人別除外願</br> 天保14年(1843年) 当館蔵

八幡村から江戸へ嫁入り
66.ふさ江戸居住につき国元人別除外願
天保14年(1843) 当館蔵

事件に巻き込まれた館山出身の女性
70.東京日日新聞431号
明治6年(1873) 当館蔵

70.東京日日新聞431号</br> 明治6年(1873年) 当館蔵

6 文化交流の広がり

 浮世絵の創始者とされる菱川師宣(ひしかわもろのぶ)(生年不詳~1694)は、房州保田(鋸南町)の出身です。江戸に出て人気絵師となり、社会風俗を描いた作品は「浮世絵」と呼ばれました。江戸で活躍した師宣でしたが、晩年の有名な「見返り美人図」に至るまで、多くの作品の署名に房州を示す「房国」「房陽」と記しており、自らが房州出身であることの自負がうかがえます。

 師宣ほど著名な存在ではありませんが、江戸で文化活動を行う房州出身者は他にもいました。谷向(やむかい)村(南房総市)出身の鱸松塘(すずきしょうとう)は、江戸で漢詩のサークル「七曲吟社」を主宰し、全国に多くの門人を抱える漢詩人でした。また館山藩士の鈴木直方は、江戸の俳人である梅閑人為山(ばいかんじんいざん)に入門し、老梅居文雄(ろうばいきょあやお)の号で俳句をたしなみました。直方は江戸藩邸に勤務した時期があり、本務のかたわら江戸で俳句を楽しんだようです。江戸には数多くの文人が暮らしており、さまざまなコミュニティを通じて交流を重ねました。

 房州で暮らす人々も、江戸の文人と交流していました。平久里中村(南房総市)の医師・加藤霞石(かせき)は、漢詩のほか石の収集でも知られ、多くの著名な文人とも交流がありました。また、江戸時代後期には安房の村々で俳句が広く行われており、採点や添削指導を江戸の俳人に頼むこともありました。

54.菱川師宣画「鯛釣り恵比寿雀踊りの図」</br> 江戸時代前期 当館蔵

浮世絵の創始者は房州出身
54.菱川師宣画「鯛釣り恵比寿雀踊りの図」
江戸時代前期 当館蔵

江戸の俳人に添削を依頼
64.安西谷水連歌採点帖
江戸時代末~明治時代初 当館蔵

64.安西谷水連歌採点帖</br> 江戸時代末~明治時代初 当館蔵

5 江戸遊学と地域教育

 江戸時代後期の房州には、高いレベルの学問を学ぶため江戸に出る人々もいました。代々、江戸幕府の大学頭(だいがくのかみ)を務めた林家(りんけ)の家塾入門者名簿「升堂記(しょうどうき)」には、4名の房州出身者を確認することができます。このうちの1人、新井文山(ぶんざん)(林潤蔵)は、館山新井浦の漁師の家に生まれ、江戸に遊学した後は、故郷に帰って塾を開き、さらに館山藩稲葉家に儒者(じゅしゃ)として登用されました。また、谷向(やむかい)村(南房総市)に生まれた鱸松塘(すずきしょうとう)は、江戸の詩人梁川星巌(やながわせいがん)に入門した後、林家にも入門。その後、江戸で吟社(ぎんしゃ)(詩作のサークル)を開き、多くの門人がいました。

 彼らの特徴は、自らが最先端の知識を得ただけでなく、それを故郷である房州に伝えたという点です。彼らが江戸で得た知識を故郷に持ち帰り、門人を育てることにより、地域の学問や文化はより豊かになりました。

 また、館山藩4代藩主の稲葉正巳は、林家や佐藤一斎のもとで儒学を学び、さらに国元でも新井文山の登用や、幕府儒官を招いて藩校の設立を行うなど、儒学の学習・普及に積極的でした。江戸遊学を経験した知識人や、藩の方針により、房州の教育環境は整備され、そこで地域の知が育成されていったのです。全国共通の教育制度が成立していない江戸時代においては、こういった取り組みが地域の知を向上させたと言えるでしょう。

45.新井文山木像</br> 江戸時代後期 当館蔵

多くの門人を育てた儒学者
45.新井文山木像
江戸時代後期 当館蔵

館山藩の藩校「敬義館」で使用
52.「白鹿洞書院掲示(はくろくどうしょいんけいじ)」
明治2年(1869) 当館蔵

52.「白鹿洞書院掲示{はくろくどうしょいんけいじ}」</br> 明治2年(1869年) 当館蔵

4 海防の拠点 ―江戸を守る―

 寛政3年(1791)、江戸幕府は日本海沿岸で航行する異国船が発見されたのを契機として全国の大名に海岸防備を命じました。翌年にはロシア使節ラクスマンが来航して日本に通商を求め、外国船への対策は急務となっていきます。特に江戸湾防備の重要性が指摘され、文化7年(1810)には会津藩と白河藩が江戸湾防備を命じられます。

 その後、江戸湾防備はいったん縮小されましたが、天保8年(1837)には日本人漂流民を連れて浦賀に渡来したアメリカ船モリソン号を、異国船打払い令に基づき砲撃して退去させる事件が起こります。さらに、天保11年(1840)に開戦したアヘン戦争の情報を得て危機感を強めた幕府は、武力衝突を避けるため異国船打払い令を撤回して薪水給与令を出すとともに、江戸湾をはじめ全国的な海防態勢を強化しました。

 江戸湾の入口に位置する房州では、諸藩によって強固な沿岸防備が行われました。文化7年~文政6年(1810~1823)の間は奥州白河藩が担当し、警備強化後は天保13年~嘉永6年(1842~1853)が武州忍(おし)藩、嘉永6年(1853)にアメリカのペリーが来航すると安政5年(1858)まで備前岡山藩が務めました。また、大房(たいぶさ)・滝口・忽戸(こっと)(すべて南房総市)や洲崎・伊戸・布良(めら)(すべて館山市)には台場が置かれ、異国船の江戸湾到来に備えました。安政5年(1858)にアメリカをはじめ、オランダ・ロシア等と修好通商条約を結ぶと、房州の海防施設はすべて廃止となります。

41.忍藩陣鐘</br> 天保13年(1842年) 当館蔵

忍藩陣屋で使われた
41.忍藩陣鐘
天保13年(1842) 当館蔵

44.「房総御台場略図」 北条陣屋と浜台場(館山市)</br> 江戸時代末期 当館蔵

房州にあった台場
44.「房総御台場略図」
 北条陣屋と浜台場(館山市)
江戸時代末期 当館蔵

3 産地と商い

 江戸時代の初め、急速に人口が増加した江戸の鮮魚消費を見込んで、関西の漁師や商人たちが関東に渡ってきました。彼らによって地引網や鯛桂網(たいかつらあみ)などの先進的な漁法が伝えられ、房州も江戸向けの鮮魚や塩魚・干物(ひもの)の供給地として成長します。特にさんまや鰹(かつお)の産地として知られていました。

 諸国から江戸に運ばれた魚介類は、日本橋の魚河岸(うおがし)で荷揚げされます。集荷した魚問屋は江戸城への御用魚上納を務め、残りの大部分を本小田原町他の魚市場で売りました。また、彼らの独占的な集荷に対抗し、近くの本材木町にも新肴場(しんさかなば)と呼ばれる魚市場が現れました。

 関西から房州に伝えられたのは漁法だけでなく、鰹節や干鰯(ほしか)など魚介類の加工生産も関西出身の人々によって始められ、地元の人々によって生産が続けられました。特に鰹節は外房の各地で生産され、江戸の番付にも載っています。このほか、磨き粉として使用される白土は「房州砂(ぼうしゅうずな)」と呼ばれ、江戸時代から特産品として知られていました。

 房州の人々は、生産した商品を江戸・東京に出荷するだけでなく、反対に商品を仕入れて地元で販売することも行っていました。明治時代の汽船の就航は大量な物資の迅速な輸送を可能にし、東京の問屋からの商品仕入れをより活発にしたものと考えられます。

27.歌川国芳画「山海めで度{た}い図会{ずえ}一枝{ひとえだ}もらいたい 安房かつを」</br> 嘉永5年(1852年) 当館蔵

人気の美人画にも描かれた鰹
27.歌川国芳画「山海めで度(た)い図会(ずえ)一枝(ひとえだ)もらいたい 安房かつを」
嘉永5年(1852) 当館蔵

35.三代歌川広重画「大日本物産図会 安房国水仙花・同さんま網之図」</br> 明治10年(1877年) 当館蔵

東京に出荷された水仙花とさんま
35.三代歌川広重画「大日本物産図会 安房国水仙花・同さんま網之図」
明治10年(1877) 当館蔵

2 観光地・房州

 江戸時代には一般の人々も旅を楽しむようになりました。この背景には、交通手段の発達や、神社参詣を支える組織の整備、生活レベルの向上などがあり、旅は信仰や仕事の手段だけでなく、それ自体が娯楽になっていきました。旅の目的も神社だけでなく景勝地や名所を巡るものとなり、地誌・道中記や名所絵などによって全国各地の名所やモデルコースが紹介されていきます。

 房州にも人気の名所があり、多くの人が訪れました。内房では鋸山(のこぎりやま)(富津市・鋸南町)や那古寺(なごじ)(館山市)、外房では小湊(こみなと)誕生寺や清澄寺(ともに鴨川市)が広く知られていたようです。有名な神社や名所だけでなく、漁の風景や素朴な人々との出会いも魅力でした。江戸から房州を訪れる場合、船で行徳や木更津に渡り、そこから海沿いを歩いて南下する経路や、浦賀から船で保田(鋸南町)に入る経路などがありました。

 明治時代に東京との間で汽船が就航すると、房州は身近で便利な観光地としての性格をより強くしていきます。この頃、外国人や明治政府の高官、実業家、文化人などの間では、余暇を保養地で過ごすことが流行し始め、また、病気治療や健康増進を目的とした海水浴も広まっていきました。この動きを背景に、明治以降の房州は「避暑・避寒の地」という魅力をアピールしていきます。江戸時代以来の名所めぐりに加え、暑さや寒さを避けられ、海水浴もできる健康増進の地という特徴が観光地・房州の魅力に加わったのでした。

11.初代歌川広重画「富士三十六景 房州保田ノ海岸」</br> 安政5年(1858年) 当館蔵

房州の海の玄関口
11.初代歌川広重画「富士三十六景 房州保田ノ海岸」
安政5年(1858年) 当館蔵

山と海の景観を楽しむ
17.初代歌川広重画「山海見立相撲 安房小湊」
安政5年(1858年) 当館蔵

17.初代歌川広重画「山海見立相撲 安房小湊」</br> 安政5年(1858年) 当館蔵
23.『避暑避寒房州案内』 明治42年(1909年) 当館蔵

避暑避寒の地・房州のガイドブック
23.『避暑避寒房州案内』
明治42年(1909年) 当館蔵

1 海をわたる

 三方を海に囲まれた安房国(房州)は、古くから海上交通によって各地と結ばれていました。慶長8年(1603)に江戸幕府が成立し、江戸が巨大な消費地・集散地になると、関東はさまざまな商品の生産地として成長していきます。房州も魚介類や米などの多くの物資を江戸へ送り、その輸送で活躍したのが五大力(ごだいりき)船や押送船(おしょくりぶね)でした。房総半島から荷物を運ぶ船は、江戸へ直接入っていましたが、享保6年(1721)以降は浦賀奉行所の検査を受けることが義務づけられます。ただし鮮魚は例外で、押送船によって直接江戸へ運ぶことが認められていました。

 房州の船乗りたちは、房州で生産された物資だけでなく、房総各地で荷物を積み、江戸や浦賀へ運ぶ営業も行っていました。なかには館山楠見浦の有田屋佐七のように、大型の廻船を持ち、幕府御城米や諸藩の御用薪炭などの輸送を担っていた人物もいます。

 明治時代になると、房州と東京の間を結ぶ汽船が就航し、より短い時間で大量の物資や旅客を運ぶことが可能になりました。明治11年(1878)には館山町の辰野安五郎が東京資本で創業した安全社が東京・館山間の汽船を開業し、明治14年(1881)には船形町の正木貞蔵が地元資本の安房共立汽船会社を創立しています。その後、明治22年(1889)には東京湾汽船会社(現東海汽船株式会社)が創立され、房州と東京の間は汽船営業の激戦区となっていきました。

6.御城米御用船印</br> 江戸時代 当館蔵

幕府御城米積船のしるし
6.御城米御用船印
江戸時代 当館蔵

北条桟橋と汽船
10.絵はがき「房州鏡ヶ浦北條ノ桟橋」
明治末~大正 当館蔵

10.絵はがき「房州鏡ヶ浦北條ノ桟橋」</br> 明治末~大正 当館蔵

ごあいさつ

 江戸に幕府が開かれ、多くの人が暮らす大都市に成長すると、海路でつながる房州は江戸と密接な関わりを持つようになります。

 房州の人々は、海に囲まれた立地を活かし、江戸(東京)への海上交通の重要な担い手となると同時に、「食」の面では江戸(東京)への魚介類の供給地としての役割を果たしてきました。房州の眺望の良さは、観光地としての発展に、房総半島の地形から海防の拠点にと、海を通して房州は多様な顔を持つようになりました。

 本展覧会では、江戸時代から明治時代に、館山を中心とする房州と大都市江戸・東京がどのように関わってきたのかを、人・物の動きや文化活動に注目して紹介します。

 現在、房州に暮らす私たちは、東京をはじめさまざまな地域と交流しています。その関係は一方向的なものではなく、まさに双方向的なやりとりの中から新しい文化を生み出していると言ってもよいでしょう。今回の展覧会を通して、過去の時代に、商品流通や観光、教育、信仰、文化など、海を行き交う人々の双方向の交流から生み出されたものを資料を通して感じ取っていただければ幸いです。

 最後になりましたが、本展覧会の開催にあたり、多くの方々よりさまざまな情報をいただき、また貴重な資料をご出品いただきました。ご協力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

平成31年2月2日
館山市立博物館 館長 溝江 晃