(2)鏡ヶ浦点景

 かつて館山に来遊した多くの人々は、鏡ヶ浦のさまざまな勝景を楽しみ、館山の人々も鏡ヶ浦を名勝として誇りにしていました。鏡ヶ浦の周辺には名所といわれた景観や、多くの人々の心を支えた寺社などがありました。また都会とはちがう日常の景観も訪れる人々を魅了していました。

 八景も詠まれた鏡ヶ浦の景観のなかから、昔の人々が絵画や写真として切り取った風景を、点景として紹介します。

 この5点の絵は湾上から見た周囲の丘陵を描いたものです。原野水(やすい)は幕末の平久里村の名主で、山水を得意とした画人として知られる人です。谷文晁(ぶんちょう)の『漂客奇賞図』は、安永9年(1780)中国船が千倉沖に漂着したときに、救助された人々が館山から船で帰国する途中の風景を描いたもので、これは館山の図。中央手前が高の島、その右が沖ノ島。左の高台が北下台で、中央の集落は柏崎と思われます。山の中腹に見える社は国司神社でしょう。明治時代の版画家小林清親(きよちか)が描いたのは、館山港東南での漁船の網漁です。聳えたつ山は城山でしょうか。

6.小林清親画「房州鏡ヶ浦」

6.小林清親画「房州鏡ヶ浦」
明治30年(1897)

11.舟形堂の下の海岸から大房岬を望む。

11.舟形堂の下の海岸から大房岬を望む。手前は丸山の岬で、当時、丸山公園と呼ばれていた。浜には漁船や大きなドビンカゴ(イワシの生け篭)がみえる。(明治末から大正前半)〈右は現状〉

12.船形大塚の浜から那古の海岸を望む。崖の上にある神社は大塚の神明神社。崖下まで海だったのはそんなに昔のことではない。(昭和初期)〈生垣の向うに崖は残っている〉

13.船形山中腹にある崖観音の遠望。崖観音右下の大きな屋根が大福寺。左端の切り立った崖には大正6年に完成した巨大磨崖碑が見える。その下は現在の船形学園。(大正中頃)

14.館山一中のあたりから見た那古観音。大きな観音堂から右へ、多宝塔・掛茶屋・閻魔堂(六角堂)・鐘楼・仁王門がならぶ。六角堂があることから大正震災前であることがわかる。

15.鉄道が開通する前の平久里川(湊川)河口。奥に見える橋は、旧医師会病院裏の旧道に架かっていた古い湊橋。(大正中頃)

16.鶴谷八幡宮から海岸へ下がる道。八幡海岸は鏡ヶ浦の白砂青松を代表する海岸で、小松原の松林は明治23年に国土保安林になった。松林の向こうが海。(大正前半)

17.北条海岸から館山方面を写したもの。砂浜と松林のあいだに広い芝浜があった。(大正時代か)

18.北条海岸から大房岬方面を写したもの。瓦屋根のしっかりした納屋があり、芝浜で漁師たちが網を干している。沖には汽船が見える(大正末頃)

19.汐入川河口の富士見橋。小笠原旅館側から北条の小原新田方面を写したもの。あずまやの向こうは田園風景になっている(大正中頃)

20.汐入川下流。富士見橋が見える。左岸は現在の二中。ここの曲流は、幕末から明治にかけて付け替えられたもので、もとは館山駅西口方面に河口があった。(明治末から大正前半)

21.銀座通りから島原の踏切方面を写したもの。まだ鉄道はなく、まったくのいなか道である。左の板塀は木村屋旅館、現在の館信本店前からの風景である。(明治末から大正前半)

22.城山(館山城跡)を背負う館山神社。館山神社は震災で倒壊した町内の神社を、昭和5年に合祀して建てられた。城山も砲台として頂上を削られる前のもの(昭和5年~9年)

23.北下台にあった館山公園から高の島を写したもの。海に面した北下台は、その眺望のよさから、明治18年に公園になり、その後別荘地にもなっていった。(明治末から大正前半)

24.西の浜あたりから写した高の島と沖の島。大正の地震前には、このように沖に浮かぶ島だった。浜の近くで帆柱を立てている船は五大力船。(明治末から大正前半)

25.明治42年に高の島に設けられた、農商務省水産講習所の実験場。魚の孵化やプランクトンの研究が行なわれていて、だれでも自由に見学することができた。(昭和初期)

26.宮城の豊津川の中流から下流を写したもの。川の先に見えるのは高の島。その左にうすくみえるのが沖の島である。左の森は笠名の安楽寺方面。(大正時代)

27.見物の海南刀切神社下の海岸。この左上に神社が背負う鉈切り岩がある。奇岩として知られた名勝のひとつ。(昭和初期)

28.波左間の名郷浦。松林はいまも健在である。映っているのは成蹊学園の生徒たちで、ここを水泳場として利用していた。(昭和初期)

29.坂田の海岸。大正時代の浜方の風景である。北に突き出した岬の東側を港にして、そこに家が重なる様子は今と変わらない。(大正時代後半)

30.洲崎神社の階段から東京湾を見下ろす。瓦屋根は髄神門、右手には社務所のほかにも二棟の建物がある。松に隠れて鳥居があるが、海岸にも浜の鳥居が見える。(大正時代後半)

31.大賀のビリドの鼻と呼ばれた岬。美しい姿が景勝地として知られていたが、昭和5年の海軍航空隊基地造成により消滅した。(明治末から大正初期)

33.安房国鏡浦八景之図(『房陽奇聞』)

33.安房国鏡浦八景之図(『房陽奇聞』)
明治22年(1889)

32.塩見の観音堂にあった臥龍松。松平定信の命名と伝えられる安房屈指の名勝だった。地元では腹ばいの松といい、巨松であったが、太平洋戦争中に枯死した。(大正中頃)

34.池田弘斎画「大賀ビリドの鼻」

34.池田弘斎画「大賀ビリドの鼻」

35.「潮見臥龍松」(前田伯志『館山紀行』)

35.「潮見臥龍松」(前田伯志『館山紀行』)
明治24年(1891)

【1】鏡ヶ浦の立地と景観
 (1)鏡ヶ浦の姿

 房総半島の先端が西へ鈎の手状に曲ったところが洲崎の岬。その岬によって太平洋と隔てられている館山湾の通称が鏡ヶ浦です。まるい形をしたこの湾が、対岸の富士山を映し出すほど平らに波静かなことから名付けられた美称です。まるで鏡のようだということです。波の荒い外海からこの湾へ入ってくると、その穏やかさをなおさら感じたことでしょう。

 地形をみると、湾を包む腕のようにのびている北の大房岬と南の洲崎は、海に面して急峻な崖肌をみせ、両岬から東に向かって岩礁と砂浜が交互していき、湾の奥が4kmにおよぶ弓なりの砂浜になっています。かつては船形から柏崎までいたる6kmにおよぶ砂浜がありました。また海上自衛隊の隅にある高の島と沖の島は、かつては湾上に並び浮かんで、鏡ヶ浦の景観をひきしめていました。

 地図でみると、鏡ヶ浦は東京湾の出入口にあることがよくわかります。三浦半島の三浦三崎と房総半島の洲崎が東京湾の門となり、鏡ヶ浦は東京湾へ入って一息つく玄関の位置にあるといえます。東京湾は古代から交通路として重要な役割をもっていました。その東京湾の出入口に位置する鏡ヶ浦は、そこに暮らす人々の生活がある一方で、安房地方の玄関口として、人や物や文化などの行き来がありました。

1.関東八ヶ国絵図(部分)
1.関東八ヶ国絵図(部分)
2.享保6年写館山湾沿岸絵図
2.享保6年写館山湾沿岸絵図

 1721年に写された絵図だが、原図は元禄16年(1703)の大地震以前に描かれたとされている。地震による隆起が起こる前の図で、那古山や館山の北下台・大賀のビリドの鼻などが、岬状になって海へ突き出している様子がわかる。

3.房州鏡浦略図 明治22年(1889年)
3.房州鏡浦略図 明治22年(1889年)
4.絵はがき「房州 鏡ヶ浦湾ノ全景」(明治末~大正初期)
4.絵はがき「房州 鏡ヶ浦湾ノ全景」(明治末~大正初期)

 城山から見た鏡ヶ浦。写真右側手前の家並みは楠見、写真左側の家並みが上須賀(現在のバス通り沿い)。中央で海岸に接している森は北下台。観音堂と墓地がみえる。右端の海寄りは新井から北条の海辺。桟橋は汐入川河口の北条桟橋である左端に浮かぶのは高の島で、館山地区寄りの湾の東南に数多くの船が係留している。二本の帆柱を立てている船は、東京湾内の廻船として東京と行き来していたトーケイ船(五大力船)。

5.絵はがき「(安房名所)鏡ヶ浦全景」(大正震災前)
5.絵はがき「(安房名所)鏡ヶ浦全景」(大正震災前)

 沼の大寺山から見た鏡ヶ浦。町並みは柏崎で、手前の畑は海岸段丘のひとつ。中央に三階建ての建物がある。明治22年の紀行文に料理屋の佐野屋(宿屋)が三層とあるが、位置が違う。料理屋の島見桜であろうか。高の島の東、柏崎から館山にかけての海域に船が輻湊している。右側に見える桟橋は館山桟橋であろう。

ごあいさつ

 わたしたちが住む安房地方は、海に囲まれた海の国です。半島の先端は、かつて海を介してさまざまな地域と交流をしてきました。半島には海の駅ともいうべき湊があり、そこに人・物・情報そして富が集まり、権力がうみだされました。安房の権力は湊とともに存在していました。それが安房の歴史的な特性だったといえます。安房では海上を主要な交通路にして、海とともに歴史が展開してきているのです。

 とりわけ、鏡ヶ浦とよばれる館山湾がもつ歴史的な役割には大きなものがありました。歴史上、館山平野に安房地方の政治の中心地が集中しているのは、鏡ヶ浦があるからだといえるでしょう。

 かつて鏡ヶ浦には多くの人々が行き交い、周辺地域の人々の生活もさまざまなかたちでつながりをもっていました。

 現在鏡ヶ浦では、ビーチ利用促進モデル事業が進められ、さらに館山港が特定地域振興重要港湾に選定されるなど、新たな注目を集めてきています。また館山市では、平成13年度を初年度として策定された館山市総合計画で、「館山新世紀発展プラン」のなかで「交流・交易のまちづくりと館山湾の活用」と位置付け、海辺のまちづくりを進めていくようになっています。

 そこで今回の企画展では、わたしたちが住む地域が、海を介してさまざまな地域と交流をしてきた歴史と、海とともに展開してきた歴史を、鏡ヶ浦の周辺から見つめ、館山市の歴史のなかで果たした鏡ヶ浦の役割を考えてみたいと思います。

 なお、本展の開催にあたり、多くの方々よりさまざまな情報をいただき、また貴重な資料をご出品いただきました。ご協力を賜りました皆様に、厚くお礼申し上げます。


平成14年2月9日
館山市立博物館長 吉田信明

凡例

  • この図録は、平成14年2月9日から3月24日までを会期とし、館山市立博物館が主催する企画展「鏡ヶ浦をめぐる歴史」の展示図録である。
  • 本書の図版番号と展示室の陳列構成は、レイアウトの都合上必ずしも一致しない。
  • 本展の企画および、図録の編集執筆は、学芸係長岡田晃司が担当した。

目次

【1】鏡ヶ浦の立地と景観
【2】地形の移り変わり
【3】鏡ヶ浦周辺の史跡
【4】交通の移り変わり
【5】鏡ヶ浦をめぐる信仰
【6】鏡ヶ浦をめぐる生活と文化
【7】鏡ヶ浦をめぐる権力