長尾藩略年表

西暦

月日

事項
1730年享保15年6代本多正矩、駿州田中城を賜わり、田中藩々主となる。(田中領3万石、下総領1万石)
1837年天保8年11代正寛、藩校日知館を創設。
1859年安政6年遠州相良藩と田中城内で砲術試合を行なう。
1860年万延1年12代正訥、家督相続。
1862年文久2年正訥、初代の学問所奉行となる。
1863年文久3年江戸深川の下屋敷を下総加村台(流山市)に移し、下総領の役所とする。
1864年文久4年正訥、駿府城代を命ぜらる。
1867年慶応3年10.14
大政奉還
12.9王政復古
1868年明治1年1.3鳥羽・伏見の戦(戊辰戦争はじまる)
4.11徳川氏、江戸城を開城
5.24徳川家達、新政府より駿河・遠江・三河に70万石を与えられ、静岡藩主となる。
7.13田中藩、安房国長尾へ転封を命ぜられる。
7.26正訥、田中城を出て藤枝宿洞雲寺を仮住居とする。藩士も在町の寺院へ仮宿し、逐次房州へ移住する。
1869年明治2年5.18戊辰戦争終結。
5.このころ藩士の房州移住が終わる。
6.20正訥、版籍を奉還して長尾藩知事となる。
7~8頃大風のため長尾陣屋が倒壊する。
12.2禄制が制定され、華士族の俸禄が削減される。
1870年明治3年1.北条での陣屋建設がはじまる。
5.正訥、北条へ着任。
11.陣屋を長尾から北条へ全面移転する。
12.23正訥隠居し、正憲が家督を相続する。
1871年明治4年7.4廃藩置県、長尾県となる。
11.13長尾県が木更津県に統合される。
12.18在官者以外の華士族の職業自由が許可される。
1872年明治5年8.3学制発布。
1873年明治6年1.10徴兵令布告。
7.28地租改正条例布告。
1875年明治8年3.28廃刀令布告
1876年明治9年8.5華士族の家禄賞典禄廃止。金禄公債証書発行条例を定める。
明治元年、駿遠から房総に移った藩
長尾藩領域