(5)医療・宗教界に転身

 江戸時代から地域医療を担う村医者は大勢いましたが、教養を身に付けている士族のなかには数は少ないものの、近代医学を学んで医師として自立した士族もいました。那古病院を開業した長尾士族の東誠一(嘉永5年・1852年生)や、高木医院を開業した長尾士族の高木勇次郎(慶応元年・1865年生)、勝山町に明善堂医院を開業した勝山士族の野呂偀臣(安政5年・1858年生)などが知られています。明治30年代には看護師になる女性士族も現れています。

79.那古病院写真
明治時代~大正時代
個人蔵
80.北条病院看護婦養成所修業証
明治34年(1901)
個人蔵

 また、仏教や神道などの宗教界に転身し、神職や僧侶になった士族もいます。

83.加茂惟信肖像
大正3年(1914)
個人蔵
長尾士族の加茂惟信は、正木村の郷社・諏訪神社の神官になった。
84.安房神社権祢宜(ごんねぎ)補任(ぶにん)状
明治5年(1872)
当館蔵
館山士族の川名敬事は、廃藩後早々に安房神社の神職になった。
86.小池宏道肖像
昭和時代
個人蔵
長尾士族二世の小池宏道は、曹洞宗の僧侶となった。