【3】残された作品
 1.描かれた郷土

 山調の残した作品の中には、郷土の人々の暮らしを描いたものもある。当時の人々の生業のようすや祭礼の風景などを伝えている。写真43は醤油や酒を手広く扱った阿波屋六兵衛の庭をスケッチしたものでる。館山下町にあったといわれる大店(おおだな)阿波屋は既にない。

43.山調画「タテ山あわやの庭」 『画法式』所収の図
43.山調画「タテ山あわやの庭」 『画法式』所収の図
44.山調画「白浜野島ノ図」 『画法式』所収の図
44.山調画「白浜野島ノ図」 『画法式』所収の図
47.山調画「引舟ノ図」
47.山調画「引舟ノ図」
49.山調画「ながしつり つりため生写の図」 文化6年
49.山調画「ながしつり つりため生写の図」 文化6年