御固め瓦版

 警護のことを「御固め」といいます。東京湾を中心にして房総半島と相模・伊豆までを描いた地図上に海岸の警備拠点や担当藩・役人の配備状況を記したものが、「海陸御固め」と称して1枚の刷り物で出版されています。速報性のある情報誌として江戸市中に流布した瓦版{かわらばん}によって、ペリー艦隊などの異国船渡来情報は伝えられていました。

瓦版「豆州相州武州上総房州海陸御固場所付」  嘉永6年(1853年)~嘉永7年(1854年)
瓦版「豆州相州武州上総房州海陸御固場所付」
嘉永6年(1853)~嘉永7年(1854)
瓦版「伊豆相模武蔵安房上総下総海陸御固泰平鑑」  嘉永7年(1854年)
瓦版「伊豆相模武蔵安房上総下総海陸御固泰平鑑」
嘉永7年(1854)
瓦版「神国伏夷武徳安民 御固泰平鑑」 文久2年(1862年)10月~文久3年4月
瓦版「神国伏夷武徳安民 御固泰平鑑」 文久2年(1862)10月~文久3年4月