豊房地区略年表

西暦 年号 事項
B.C.6000年 出野尾洞穴に人が生活をはじめる
7世紀頃 東長田・出野尾などで古代祭祀が行われる
12世紀頃 小網寺に経塚がつくられる
1156年 保元1年 金鞠氏、京都の保元の乱で源義朝に従い崇徳上皇を攻める
1238年 暦仁2年 金摩利太郎、将軍頼経に供奉し京都六波羅御所へ行列する
1286年 弘安9年 小網寺の梵鐘がつくられる
1365年 貞治4年 足利尊氏、長田保西方を鎌倉円覚寺へ寄進する
1369年 応安2年 安西太郎左衛門入道、長田保西方を押領する。関東管領上杉朝房、安房国守護結城直光に対し、同地を鎌倉円覚寺仏日庵へ返還させるように命じる
1405年 応永12年 丸孫太郎入道、円覚寺仏日庵領長田保西方を押領する
1560年 永禄3年 金鞠氏、長尾景虎(上杉謙信)の関東管領就任を祝して太刀を贈る
1574年 天正2年 千歳郷畠村の牛頭天王宮に鰐口が寄進される
1589年 天正17年 里見義康、家臣石井駿河守に神余郷で所領を加増する
1597年 慶長2年 畑村・東長田村などで太閤検地が行われる
里見義康、飯沼村を府中の宝珠院に寺領として寄進する
1606年 慶長11年 里見忠義、畑村で検地を行う
里見忠義、岡田村を紀伊国高野山西門院へ寺領として寄進する
1613年 慶長18年 里見忠義、神余村智恩寺を再興する/td>
1614年 慶長19年 館山城落城の時、出野尾で13人の家臣が自刃すと伝える
1674年 延宝2年

山荻村出身の石井三朶花、水戸藩へ出仕。徳川光圀のもとで『大日本史』の編纂にあたる

1803年 享和3年 飯沼村字峰で白土の採掘がはじまる
元名村の石工武田石翁、山荻村福楽寺の宝塔を製作する
1855年 安政2年 神余村の和貝定文、私塾を開き子弟を教育する
1875年 明治8年 南条村より大戸村・作名村が分村する
1877年 明治10年 山萩村と永代村が合併して山萩村となる
1880年 明治13年 畑の石井喜右衛門・山川吉五郎等、市郷の山奥より水を引き、越地原の灌漑用水路を竣工させる
1889年 明治22年 東長田・西長田・出野尾・岡田・大戸・南条・飯沼・古茂口・山荻・作名・畑・神余の各村、合併して豊房村となる
1907年 明治40年 山荻・大戸の尋常小学校を合併し、豊房尋常小学校とする
1954年 昭和29年 豊房村、館山市と合併する