正木(まさき)

川原畑(カワハラバタ) 西郷(ニシゴウ) 姫宮(ヒメミヤ) 畑ケ田(ハタケガタ) 市合免(イチゴウメン) 川田(カワタ) 道免(ドウメン) 新作(シンサク) 大芝(オオシバ) 干潟(ヒガタ) 川崎(カワサキ) 白沼(シラヌマ) 三貫目(サンガンメ) 鰹免(カツオメン) 反町(ソリマチ) 用号(ヨウゴウ) 馬場(ババ) 熊ノ田(クマノタ) 正木台(マサキダイ) 下沼(シモヌマ) 上沼(カミヌマ) 高田(タカダ) 八反目(ハッタンメ) 山岸(ヤマギシ) 谷田(ヤタ) 中沼(ナカヌマ) 下御狩(シモミカリ) 上御狩(カミミカリ) 葛原(クズハラ) 大道(ダイドウ) 横山(ヨコヤマ) 田ノ谷(タノヤツ) 奥山(オクヤマ) 諏訪山(スワヤマ) 神明前(シンメイマエ) 蓼原(タデハラ) 住吉(スミヨシ)

 館山平野の平久里川以北の広い耕地を占める同村は、歴史的には、南北朝のころからその郷名をみることができ、戦国時代には、里見の重臣正木氏の本貫地だったといわれます。慶長11年(1606)の里見忠義寺領充行状では、正木の一部が平久里川の対岸東国府の宝珠院に寺領として寄進されています。また、元和4年に柴市左衛門他によって検地が行なわれています。 江戸時代を通じて、村高が増加しないのは、耕地としての開発が、江戸初期には、完了していたからと思われます。 明治7年に村内大泉寺を仮校舎として小学校が開設されます。

元和4年正木村水帳写  (加茂惟信氏蔵)