(6)民内作右衛門の碑(船形地区)

 江戸時代の終わり頃、船形に生まれた民内作右衛門は明治13年の没後、明治31年に時の船形町長正木清一郎によって、生前の業績をたたえられ、記念碑が建てられました。作右衛門は、現在船形小学校の東端に流れる宇田川を改修、付近の田畑の水利を良くしました。また、屋敷内に井戸を掘り、付近の家に分けるなどして、その徳が明治元年に長尾藩主本多正訥にみとめられ、銭25貫が褒美として与えられています。

◇交通 日東バス館山駅前発船形港下車1分