歴史展示室

 館山の歴史を一貫して流れるのは、房総半島の先端という地理的要因です。鋸山から清澄山に連なる山系を境として、安房国は小さいながら一国を形成しています。

 原始、古代から中近世に至るまで、陸路を通じての上総国との交流だけでなく、時には海を越えて伊豆・相模との接触が大きな要素となって歴史が展開していきます。

石堂寺多宝塔 天文14年
 県指定(現在国指定) 丸山町石堂寺
露盤銘 天文14年
 県指定(現在国指定) 丸山町石堂寺