里見氏の終焉

里見忠義奉納棟札 北尾八幡神社蔵

慶長18年、忠義は伯耆国倉吉へ三万石で移封されます。寺社への寄附や修理の記録が多く残されていますが、元和8年に29才で死去し、里見家は継嗣なく断絶しました。江戸時代に倉吉には正木氏の子孫が住し、大岳院に額を奉納しています。

於伯州里見家由緒書 菊井堯晴氏蔵

享保5年正木義清奉納額 大岳院蔵

交趾三彩皿 忠義遺品
 鳥取県指定 大岳院蔵

里見忠義の墓 倉吉市大岳院