石器とナウマン象 -先土器時代-

 安房で最も古い文化として富浦町大房岬で10,000年以上前の石器が発見されています。人びとは打製石器を手に富士山などの火山灰の降り積る大地をナウマン象などの動物を追って常に移動をくり返していました。

 その頃海岸線は現在よりずうっと沖にひいていて陸地が広く東京湾は現在の富津付近までしか入りこんでいませんでした。

石器 大房岬遺跡 金木幹夫氏採集
勝浦市 荒川吉田遺跡 橋口定志氏保管