墓にのこされた文化 -古墳時代-

 4Cから7C後半にかけて日本各地に大きな墓がつくられました。これら古代の豪族の墓には、武器・鏡・装身具・土器などが遺体とともに埋葬されています。この時代を古墳時代といいます。

安房では高塚古墳よりも、崖に穴を掘って墳墓とする、横穴墓という墓制が多くみられます。 大井横穴墓 君塚文雄氏実測

一頭の竜の横顔を銅で鋳出し、そのうえに鍍金した直刀の把頭です。金色さんぜんたる刀をつけた豪族の姿が想像されます。 環頭把頭 坂井翁作古墳 対馬郁夫氏保管