八犬伝の誕生

 馬琴は八犬伝の執筆にあたって、その頃、広く出まわっていた『合類大節用集』や里見氏関係の「軍記物」からヒントを得て、イメージとして中国の伝奇小説『水滸伝』を頭に描き、更に各地の地誌や『房総志料』などを参考にしてこの長編を書きあげました。

 『南総里見八犬伝』が評判をよぶと、その内容をまねた絵双紙が多数出版されました。絵双紙はカラフルな表紙で各ページには絵があり、更に全部ひらがなで書かれているなど分かりやすかったので、むしろ馬琴の八犬伝より庶民に親しまれました。

合類大節用集 館蔵

里見九代軍記 菊井堯晴氏蔵

房総志料 船橋市西図書館蔵
  (無断転載禁止)

八犬伝版本

八犬伝犬の草紙

仮名読八犬伝

八犬伝後日譚

今様八犬伝 八犬伝の絵双紙各種