分館展示室

 博物館の建っている城山は、戦国時代の房総の雄、里見氏最後の居城跡です。

 分館は、城山の頂上に建っており天正期の天守閣を模した建物になっています。分館には、江戸時代の後期に曲亭(滝沢)馬琴が書いた長編伝奇小説「南総里見八犬伝」に関する資料が展示してあります。