石匙(いしさじ)

 石匙は、縄文時代早期に出現し、前期には全国的にみられる鋭利な刃部を持つ石器で、用途として、動物などを解体・調理するナイフ、木・骨などを削る工具などが考えられる。

石匙(館山市作名) 縄文時代

石匙(館山市作名) 縄文時代