土器片錘(どきへんすい)

 土器片錘は、漁撈活動に用いられた網のおもりとして使われたものである。

 土器の破片を再利用して長方形や長楕円形にかたちを整え、長軸の両端に網を掛けるための切り込みが施してある。

土器片錘(館山市鉈切洞穴) 縄文時代

土器片錘(館山市鉈切洞穴) 縄文時代