腕輪(うでわ)につけられた鈴

 古墳時代には多くの腕輪がつくられましたが、鈴付腕飾(すずつきうでかざり)や鈴釧(すずくしろ)もその一つです。『万葉集(まんようしゅう)』に詠まれたうたでは、腕輪は左手にはめられていたようです。
 右の埴輪片をみると、鈴釧前後に玉が巻かれていますので、他の玉とともに使われたことが多かったのかもしれません。腕輪のかたちは鈴釧のように円状のものと、鈴付腕飾のように巻き貝の貝輪を模した楕円(だえん)形のものがあります。鈴鏡(れいきょう)と同様多くの場合鈴のなかに小石が入っていますので、ふると「カランカラン」という音がします。
 館山市つとるば遺跡の土製五鈴釧は小さいので、腕にはめることは不可能です。人々はこの音の背景に、神を見たのでしょうか。

44.鈴釧をはめた埴輪片

44.鈴釧をはめた埴輪片

45.鈴付腕飾(10鈴)(15)

45.鈴付腕飾(10鈴)(15)
  伝埼玉県大里郡岡部町
   東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives    Source:http://TnmArchives.jp/

46.六鈴釧(16)

46.六鈴釧(16)
  神奈川県逗子市新宿海岸横穴
   東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives    Source:http://TnmArchives.jp/

47.五鈴釧

47.五鈴釧
  木更津市大山台古墳群